八尾国際交流「第13回野遊祭」

多民族共生フェスティバル・第13回八尾国際交流野遊祭が八尾市南本町の第1公園で開催され、民族料理の屋台やバザーの店が並び、大勢の家族連れでにぎわいました。野外ステージでは、民俗芸能が披露され、ベトナムの獅子舞ムーランや、韓国の太鼓(写真)などが披露されました。

八尾市には、約50カ国からの市民が生活し、今回の野遊祭は「出会い・交流・共生」がテーマ。

八尾市の教育委員会、人権啓発推進協議会、国際交流センター、各人権協議会、部落開放同盟の各支部、民団など多くの団体が後援しています。(山本ゆき 参加)